Home

Homegrant3 minutecareermesage
1 home J助成金3 min J4 senpai J5 message J
Note: We updated the details of grant and its application. Please click the icon “Grant” above to see more details.

News

Symposium application for non-grant recipients  has started.

You can apply from below link.

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfky-LKrUrfn8lKAor_cSva_CVo2thpge5v6EZGpI04jWWkgw/viewform?c=0&w=1

(Due to the capacity of room, we accept up to 100 applications.)

 

 

ICJLE 2016 Bali: Symposium for Graduate Students

network.gif
For the Bali International Conference on Japanese Language Education (ICJLE) in September, 2016, postgraduate students in Australia have organised a “Symposium for Graduate Students”. Due to the large amount of positive feedback for the postgraduate symposium at ICJLE 2014 Sydney, the second symposium has become a reality. The three purposes of the symposium are as follows.
  1. To strengthen the links between young scholars for the next generation by offering the opportunity for postgraduate students in Japanese studies and Japanese language education to create a network.
  1. To offer an opportunity for postgraduaate students to be exposed to the wide variety of research around the world to obtain novel knowledge and to enlarge their vision.
  1. To discuss common issues for postgraduate students such as how to work towards publishing and working towards a career by sharing practical information, which can be helpful for their candidature and career path.
To achieve the aims above and to share fruitful time, the proposed schedule for the workshop is as follows:
Time: A period of 2 hours in the afternoon of 9 September (The time TBA once scheduled)
Place: Bali Nusa Dua Convention Center (BNDCC)
Session
Contents
1. Three Minutes Thesis Speech Contest
Present your research in three minutes in an easily understandable manner. Postgraduate students evaluate and comments on each other.
2. Career Workshop
We invite our Senpai from around the world, who are currently working as Japanese teacher to candidly discuss their career experiences and teaching Japanese.
We look forward to the participation of postgraduate students from around the world in this symposium. The main language for the symposium will be Japanese.
The application for participation in the Symposium for Graduate Students
*The details regarding applications will be announced soon.
Due to the capacity of the venue, the applications will be closed when the number of participants reaches the limit.
ICJLE 2016 Bali Symposium for Graduate Students Committee
email: icjle2016graduatesymposium@gmail.com (Japanese/English)
dance
Travel guide to Bali Island

 

Advertisements
Posted in 미분류 | Leave a comment

ホーム

Homegrant3 minutecareermesage

1 home J助成金3 min J4 senpai J5 message J

ニュース

大学院生シンポジウムの参加受付(助成金取得者を除く)が始まりました!!

参加希望者の方は、下のリンクよりお申し込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfky-LKrUrfn8lKAor_cSva_CVo2thpge5v6EZGpI04jWWkgw/viewform?c=0&w=1

(会場の関係上、応募者が100人に達した地点で募集を締め切らせていただきます。)

 

ICJLE2016バリ大会:大学院生シンポジウム開催のお知らせ

network.gif
ICJLE大学院生シンポジウムは、世界各国で日本、日本語教育に関する研究をしている大学院生のために、オーストラリアの大学院生が企画しています。2014年のICJLEシドニー大会で初めて企画され、参加者の間で大変好評だったので、今回、2度目の開催となりました。大学院生シンポジウムの目的は、以下の3つです。
  1. 日本、日本語教育の研究をする各国の大学院生のネットワークづくりをサポートし、次世代の研究者のつながりを強化する。
  1. 世界中の様々な研究に触れる機会を提供することで、次世代の日本、日本語教育の研究を支える大学院生に新たな知見を得、視野を広げる機会を与える。
  1. 各国の大学院生が共通して直面する課題、例えば研究論文や書籍の出版、卒業後の就職などに関する実践的な情報を共有し、研究生活、就職活動に役立ててもらう。
以上の目的を達成し、皆様と有意義な時間を共有できるよう、以下のセッションを予定しています。
日時:2016年9月9日午後2時間 (TBA)
場所:Bali Nusa Dua Convention Center (BNDCC)
セッション
内容
1. 三分間スピーチコンテスト
3分間で自分の研究テーマについて分かりやすく説明します。大学院生同士が評価、コメントをし合います。
2. 先輩に続け!
世界各国で活躍していらっしゃる先輩をお招きし、教育実践、研究を含めたキャリア過程について、ざっくばらんに話していただき、会場のみなさんと意見交換をします。
現在大学院で日本、日本語教育に関する研究をされている大学院生のみなさん(博士課程、修士課程の方)、ぜひご参加ください。なお、大学院生シンポジウムは主に日本語で行われる予定です。
 ・大学院生シンポジウム参加のお申し込み方法 
 *詳細は後日ご案内します:オンラインフォームでの先着順の参加受付を予定しています。今しばらくお待ちください。
会場の収容人数の関係上、応募者が定員に達したところで募集を締め切らせていただきます。
ICJLE 2016 Bali 大学院生シンポジウム運営委員会
問い合わせ先icjle2016graduatesymposium@gmail.com (日本語・英語のみ対応可)
dance
Travel guide to Bali Island 

 

 

Posted in 미분류 | 1 Comment

Grant

Home 1 home J

Notice: The Extended Deadline for Grant Applications for Postgraduate Students at Indonesian Universities

The deadline has been extended for grant applications to be submitted of postgraduate students at Indonesian universities due to Ramadan.

  • Grant for Indonesian Universities’ postgraduate students

・Extended Application Deadline: July 31, 2016

・Result Notification: August 5, 2016

・Conference Registration Deadline: August 10, 2016

In the case that your application is not accepted, you will be still able to register as a conference presenter on your own. However, please note that you need to register for the conference by yourself no later than July 31 if you submit your abstract for the first round of the review.

The eligibility and the procedure of application is still the same. Please see the details below on this page.

We look forward to your application.


We are delighted to announce that Shoyu Club offers a grant to support the Symposium for Graduate Students. The details of this grant have been finalised. Please see the instructions below if you wish to apply.
Grant for Postgraduate Students Information
・Grant
  1. Supplements conference registration fee of 15 postgraduate students at Indonesian universities. Supplements the 15 students’ actual expenditure of travel costs (up to JPY23,000)
  2. Supplements the conference registration fee of 10 postgraduate students at universities outside Indonesia and Australia.
・Eligibility (Applicants must meet the four criteria below.)
  1. Postgraduate students who are currently enrolled in MA, PhD or equivalent programs in Japanese Language Education or related fields
  2. Presenters of a paper at the Bali ICJLE 2016
  3. Participants in the Symposium for Graduate Students
  4. Presenters in the three minute thesis speech contest
・Application
・Application must include 1. Online-application form 2. three minutes thesis speech draft 3. Confirmation of enrolment.
  1. Online-Application Form
    Please submit your online application form via the link below.
    http://goo.gl/forms/iQydFJ2WIiA1lVx22
  2. Three Minutes Thesis Speech Draft
    An example of a 3 minute thesis speech draft can be accessed in the graduate symposium website. Please access the link below for more details.
    https://2016balipostgraduateworkshop.wordpress.com/2016/02/04/4/
    Please format your file name as follows: “institution name_your name_speech”. The subject of the email should be as follows: 「ICJLE Bali 大学院生助成金申請のための書類:お名前」. Please send your draft to icjle2016graduatesymposium@gmail.com
  3. Confirmation of Enrolment
    Applicants are required to prove their enrolment in their postgraduate program at university. To do so, please ask your supervisor to send an email which states “「・・・・(学生の名前)は私が博士(あるいは修士)論文を指導する学生です」” in her/his email. Supervisor must use her/his email address for their work such as university email. Please send the email to to the symposium organizing committee. icjle2016graduatesymposium@gmail.com The subject of the email should be as follows: 「ICJLE Bali大学院生助成金 大学院在籍証明:学生のお名前」
・Application Deadline
Friday, July 15, 2016 (Australia, Sydney time GMT +10) extended to July 18th.
・Review of Applications
When applications exceed the total number of recipients described above, the 3 minute thesis speech draft will be assessed in order to select the recipients of the grant.
・Result
Monday, July 25, 2016
The graduate symposium committee will contact the all applicants when the result is confirmed. The procedure to receive the grant will be instructed in the notification.
————————————————-
Contact: The Symposium for Graduate Students Committee
Email: icjle2016graduatesymposium@gmail.com (English or Japanese)
Posted in 미분류 | Leave a comment

助成金

Home 1 home J

・インドネシアの大学の大学院生への助成金の申込み受付期限延長のお知らせ

助成金の提出期間がラマダーンと重なったため、インドネシアの大学院の大学院生への助成金の受付期間を延長いたしました。
  • インドネシアの大学院生への助成金
・応募締め切り:2016年7月31日
・審査結果発表:2016年8月5日
・*学会登録期限:2016年8月10日
*審査に通らなかった場合も学会への発表登録は可能です。助成金に応募しない場合、第一次の選考で学会発表の査読に合格された方の学会登録の期日は7月31日ですので、ご注意ください。
応募方法や条件は今までと同じです。応募方法はこのページの下部をごらんください。
たくさんのご応募をお待ちしております。

この度、尚友倶楽部からのご支援により、バリ日本語教育国際研究大会で開催される大学院生シンポジウムに参加する大学院生への助成ができることになりましたのでお知らせいたします。詳しくは以下をご覧ください。
大学院生に対する助成に関して
・助成の対象
  • インドネシアの大学に所属する大学院生15名の参加登録料の助成。その15名に実費で交通費(上限23,000円)を助成する。
  • インドネシアとオーストラリア以外の大学に所属する大学院生10名の参加登録料の助成。
・助成金申し込みの条件(以下の4つすべて満たすこと)
  1. 申し込み、学会参加時に、日本語教育もしくは関連分野を専門とする大学院生であること
  2. 本大会で研究発表を行うこと
  3. 大学院生シンポジウムに参加すること
  4. 大学院生シンポジウムで3分間スピーチコンテストに出場すること
・助成金のお申し込み方法
  • 1、大学院生シンポジウム助成金申し込みフォームの提出
    2、3分間スピーチ原稿の提出
    3、大学院在籍証明の提出
    以上、三点が必要です。
  • 1は、オンラインフォームで提出、2はe-mailで添付ファイルにて、シンポジウム運営委員会(icjle2016graduatesymposium@gmail.com)に提出、3は指導教員からシンポジウム運営委員会へのメールとなります。
  • 1、大学院生シンポジウム助成金申し込みフォーム
    以下のリンクにアクセスし、オンラインフォームに必要事項を記入し、提出してください。
    hhttp://goo.gl/forms/iQydFJ2WIiA1lVx22
  • 2、3分間スピーチ原稿
    3分間スピーチの原稿の書き方に関しては、大学院生シンポジウムの該当ページをご覧ください。https://2016balipostgraduateworkshop.wordpress.com/2016/02/04/4/
    なお、3分間スピーチ原稿のファイル名は、「大学名_名字_speech」にしてください。(例:早稲田大学に所属している小島さんの場合、「waseda_kojima_speech」となります。提出時のメールの件名は「ICJLE Bali 大学院生助成金申請のための書類:お名前」としてください。提出先は icjle2016graduatesymposium@gmail.comです。
  • 3、大学院在籍証明
    指導教員から「・・・・(学生の名前)は私が博士(あるいは修士)論文を指導する学生です」という文面が含まれたメールを指導教員の所属大学のメールアドレスから、シンポジウム運営委員会のメールアドレスicjle2016graduatesymposium@gmail.comまで送ってください。件名は「ICJLE Bali大学院生助成金 大学院在籍証明:学生のお名前」としてください。
・受付期限
2016715日(金)まで (オーストラリア、シドニー時間 GMT +10) 締め切りを7月18日まで延長しました。
・審査方法
応募者多数の場合は、3分間スピーチの原稿の内容を審査し、助成金取得者を決定します。
・採否結果発表
2016725日(月)
助成金取得者が決定し次第、該当者本人に大学シンポジウム運営委員会から採否をお知らせいたします。取得者にはその後の手続方法も合わせてお知らせします。
————————————–
問い合わせ先:Bali ICJLE大学院生シンポジウム実行委員会
email: icjle2016graduatesymposium@gmail.com (日本語・英語のみ対応可)
Posted in 미분류 | 1 Comment

3 minute speech contest

Home 1 home J
   ICJLE 2016 Bali Graduate Symposium 3MT contest 
  • What is the 3MT contest?
  • Points regarding evaluation
  • Rules of the contest
  • How to submit your speech
  What is the 3MT contest?
The 3 Minute thesis competition is a contest by which you explain the content of your research as clearly as possible in the period of 3 minutes.
This form of competition began in 2008 at Queensland University, in Australia and currently occurs popularly at various universities around Australia.
At this site you can find the English version of the explanation of the 3MT speech.
3MT
http://threeminutethesis.org/index.html
This contest has also spread to Japan. At Hiroshima University, a ‘Future professor 3 minute speech competition 2015’ was held.
http://www.hiroshima-u.ac.jp/news/show/id/23992
In order to achieve an effective speech, one point would be to express technical terms and highly specialised research contents in a simple manner so that people outside your research area are able to understand your research contents easily.
A 3MT speech in Japanese would be approximately 900 characters. You can download a sample 3MT speech from this link.
Points about evaluation
At this symposium, the language for presentation is restricted to Japanese. The speech will be evaluated through peer evaluation using the below criteria.
Why peer evaluation?
The peer evaluation enhances the understanding of one another and their research and to create an opportunity to expand on social network. Each speech will be evaluated using the below criteria. Evaluation sheets provided on the day will include scores and a comment section. The comments, if any, will be given to the presenters for reference.
Criteria for evaluation
1. Comprehension (Understanding of content)
  • Is the purpose and synopsis of the research included?
  • Is the organization of the speech easily understood?
  • Is terminology of the research area explained?
2. Performance Usefulness/Expressiveness
  • Did the presenter convey enthusiasm for their work?
  • Did the presenter capture and maintain interest?
  • Did the presenter maintain a steady pace and confident stance?
3. Significance
  • Did the presenter explain why this topic is of significance to the community?
  • What is significant about this research?
The performance of the speech is highly valued in this competition. Presenters should avoid reading off palm cards but instead present in a manner that maintains the audiences interest and attention. 
Rules of the contest 
The seven points below is a checklist for the speech:
  1. A maximum of two slides, if using powerpoints.
Slide 1: Name, Affiliation, Research area and email address
Slide 2: A representation of the research content (illustrations or photos are permitted)
Please see the link below for a sample of PowerPoint.
Access to the sample PowerPoint
  1. No additional electronic media (sound or video files) are permitted
  1. No additional props (Costumes, musical instruments, equipment etc) are permitted
  1. Presentations are to be spoken words (no poems, raps or songs)
  1. Presentations are limited to 3 minutes maximum. Speeches exceeding 3 minutes will be penalized. The presenter who reaches 3:10 will be asked to stop speaking. A “終了30秒前(30 seconds before end)” sign will be displayed at 2:30 minutes and “終了(end)” sign at 3 minutes.
  1. The result of the peer evaluation is final.
  1. The presenter with the highest score will be awarded at the closing ceremony
Speech submission
The Japanese speech script is to be submitted to the Postgraduate Symposium committee via email icjle2016graduatesymposium@gmail.com). For more information refer to the travel grant page (the grant application submission date is to be announced on the webpage).
PowerPoint slides are due 15 AUGUST 2016 to the postgraduate symposium committee via email icjle2016graduatesymposium@gmail.com

 

Posted in 미분류 | Leave a comment

3分間スピーチコンテスト

1 home E1 home J
・ICJLE2016バリの大学院生シンポジウム3分間スピーチコンテスト
  • 3分間スピーチコンテストとは?
  • 評価のポイント
  • コンテストのルール
  • スピーチの提出方法
3分間スピーチコンテストとは?
3分間スピーチコンテスト(3 Minutes Thesis Competition)とは、自分の研究内容を3分間で、できるだけわかりやすく説明するコンテストです。
3分間スピーチコンテストは2008年に、オーストラリアのクィーンズランド大学で始まり、現在ではオーストラリア各地の大学で盛んに行われています。
こちらのサイトに3分間スピーチの英語の説明があります。
http://threeminutethesis.org/index.html
また、日本でも、広島大学で「未来博士3分間コンペティション2015」が行われました。
http://www.hiroshima-u.ac.jp/news/show/id/23992
効果的なスピーチを行うには、3分間という制限時間内で専門分野以外の人にも研究内容が理解できるよう、わかりやすい言葉や表現で説明するのがポイントです。
日本語の3分間のスピーチは、字数にすると、およそ900字です。3分間スピーチのサンプルの原稿はこちらからダウンロードできます。→3MT_Sample_

評価のポイント
本シンポジウムでは、スピーチの発表言語を日本語に限定しました。スピーチは、以下の項目によりピア評価で審査されます。
<なぜ、ピア評価?>
ピア評価をすることで、大学院生の仲間同士が、それぞれの研究について知り、互いに学びあい、また研究を志す仲間とのつながりを広げる機会を持つことができます。当日の評価には、以下の項目をもとに、実行委員会が作成した評価票を使います。評価票には、点数だけでなく、コメントを書く欄も設けます。コメントは各発表者に返却する予定です。
評価項目
1. 内容のわかりやすさ
  • 研究の目的や概要が含まれていたか。
  • スピーチの構成は分かりやすかったか
  • 専門用語はわかりやすく説明されていたか。
2. 運用力・表現力
  • 発表者の熱意が伝わっていたか。
  • 聴衆の興味を引き、持続することができたか。
  • 聴衆に聞きやすい声で、適度なペースを保つことができたか。
3. 研究の重要性
  • 研究の社会的重要性が、説明できたか。
  • 研究分野への貢献は、説明されていたか。
このスピーチでは、皆さんの語(かた)りかけが大切なポイントとなります。原稿をただ読み上げるのではなく、聴衆の興味を引き、もっと皆さんの研究について知りたいと思わせるような話し方を心がけましょう!
コンテストのルール
スピーチを準備する前に、以下のルールを確認してください。
1.パワーポイントを用意し、スライドは2枚までとする。
・スライド1:名前、所属、研究テーマ、Eメールアドレス
・スライド2:研究テーマを表すもの(写真・イラストなども可)
スライドのサンプルはこちらです。3MT_Sample_Slidesを参考にしてください。
2.パワーポイントのスライド、および、スピーチには音声や動画などのメディアは使用不可。
3.衣装、楽器などの小道具は使用不可。
4.スピーチの時間制限は3分間で、3分を超えたら減点、3分10秒に達した時点で終了となる。2分30秒時点で「終了30秒前」の合図があり、3分時点で「終了」の合図がある。
5.コンテストはスピーチのみで、詩、歌、ラップ(raps)などは認めないこととする。
6.ピア評価の結果を最終結果とし、異議は認めない。
7.ピア評価で得点を最も多く得た発表者を閉会時に表彰する。
スピーチの提出方法
  • スピーチの原稿(日本語)は、奨学金申請に必要な書類と共に、大学院生シンポジウム実行委員会(icjle2016graduatesymposium@gmail.com)に送ること。詳しくは奨学金のページも参照のこと。(現在、提出期限は未定のため、期限が確定し次第ウェブページ上でお知らせ致します。)
ICJLE 2016 Bali 大学院生シンポジウム運営委員会
問い合わせ先: icjle2016graduatesymposium@gmail.com (日本語・英語のみ対応可)

 

Posted in 미분류 | Leave a comment

Career Workshop

Home 1 home J

Career Workshop

Summary:
We invite our Senpai from around the world, who are currently working as Japanese teacher/researcher to candidly discuss their career experiences and teaching Japanese. This session will particularly focus on their career paths throughout their MA/PhD candidature to their beginning of career as academia.

Senpai’s profile

・TBA

We will update the rest of pages accordingly.

Posted in 미분류 | Leave a comment